2型糖尿病になると起こる体への悪影響とは|糖尿病の予防法も紹介

糖尿病

2型糖尿病になると起こる体への悪影響、症状のレベル

【1.初期では症状なしの場合も…】
糖尿病になってしまうと急に手足が壊疽したり、顔が極端にむくむなど…一気に体がダウンするイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

2型糖尿病ではスローペースでゆっくり症状が進行していきます。なったばかりの初期の段階では体に目立った症状が表れないため「健康そのもの」と勘違いしてしまう方も…。

気づいたときには病気が進行しているケースも多々あるため、あまり自分の体を過信すぎないことも大切です。

ちなみに初期の段階では「疲れやすい」「目がぼんやりかすむ」「トイレに何度も行きたくなる」「風邪やインフルエンザにかかりやすい」などの症状があらわれます。これも個人差があり、まったく感じない人もいます。

【2.のどがとても乾く、トイレの回数が多くなる】
2型糖尿病の場合、すい臓でインスリンが適切に分泌されないことにより生じます。

そのため放っておいて、自然に良くなる病気ではありません。多少体にガタがきていても「軽い風邪かな?」「ストレスがたまっているのかな?」と病院に行かないままやり過ごしてしまうと、2型糖尿病の症状は悪化していきます。

「血糖値が160以上に上がる」「のどがとても乾く」「トイレの回数が、さらに多くなる」「常にお腹がすく」「食べても太らない」などが中期や後期の症状となります。

【3.手足に痛みがある、さらにのどが渇く】
中期や後期になるとすい臓で、インスリンを生み出せない弊害がもろに出てきます。インスリンが出ないことによって、体の血液の中に含まれる「糖分」の割合が急激に上昇していきます。

このままではイケないと…腎臓はいつも以上に活動をおこなうようになります。

せっせと水分を作ろうと頑張るため、体はいつも水不足の状態に。たくさん水を飲んでいるのに喉が渇く・1日に何杯も水が飲みたくなる…などの症状が目立ち始めます。

体がエネルギーをいつも以上に使うため「眠気や疲労感が強くなる」と感じる方もいます。「EDになる」「手足に痛みがある」「病気やケガが治りにくい」などのケースもあります。

これらの症状が出た場合は早めに病院に行って検査を受けることを強くおすすめします。

2型糖尿病になると起こる合併症

2型糖尿病になって怖いのは、恐ろしい合併症を引き起こしてしまうことです。糖尿病の治療だけでも大変なのに、他の病気がプラスされるため治療している人やご家族も大変つらい状況に追い込まれます。

【心筋梗塞や脳梗塞】
糖尿病になると、血液の中に大量の糖が流れるようになります。その結果、血管が詰まりやすくなり心筋梗塞や脳梗塞などの病気を引き起こします。

【神経障害】
糖尿病の患者さんがかかり易いのが、手足の神経障害です。しびれが出たり、手足に触れても感覚がないなどの不快な症状があらわれます。

【網膜症】
目の中には網膜と呼ばれる、とても小さな血管がながれています。糖尿病になってしまうと血液が正常に機能しないため、小さく詰まりやすい血管にダメージが与えられることもあります。網膜症になると「目から血が出る」などの症状のほか、最悪の場合は「失明する」リスクもあります。網膜症の治療は初期のケースであれば、レーザー治療でおこなえるため望みを捨てないことも大切です。

2型糖尿病にならないようにするには

怖い合併症を引き起こしてしまう2型糖尿病。できれば病気にならないように努力したいものです。こちらでは糖尿病にならないための予防法をお伝えします。

【バランスの良い食生活を目指そう】
好きだからと同じものばかり食べていると、ミネラルやビタミン・糖分のバランスが崩れてしまいます。体のことを考えて肉・魚・野菜・穀物をちょうど良い量ずつ食べるように、心がけてみましょう。

「食べ過ぎかな?」と思ったときは、腹八分でやめておくことも大切です。最新のアプリなどを使いカロリー管理をおこなうと、客観的に自分の食生活を見つめなおすこともできます。

【運動を小まめにする】
生活の中に運動を取り入れていくと体のめぐりが良くなり、2型糖尿病を予防することができます。

運動は急にハードなものを取り入れるとかえってストレスになってしまうため「できる範囲で無理なくおこなうこと」が大切。まずは今まで乗っていたタクシーやバスを徒歩に、エスカレータを階段に…などできる範囲から運動不足を解消していきましょう。

【ストレスは上手に発散しよう】
現代社会において、ストレスと皆無の生活はあり得ないもの。

「ストレスはあって、当たり前」ととらえて、ストレスと上手に付き合う方法を見つけることが大切です。

ストレスときちんと向き合えるようになると、体への負荷がかかりにくくなり心身が健康になっていきます。

カラオケ・ヨガ・ウォーキングなど、自分が楽しいと思える趣味を見つけることも大切。仕事場以外での自分の場所を見つけておくこともおすすめです。

菊芋は血糖値が下がる食品|イヌリンの効能|菊芋サプリが効果的