糖質制限ダイエットの成功体験談|肥満予防対策

糖質制限ダイエット
【糖質制限ダイエット体験談もくじ】
  その1【34歳女性58kg→51kg:最初に野菜を食べあとは好きなものを自由に】
  その2【35歳女性54kg→52kg:夕食時は高頻度で焼き肉】
  その3【50歳男性70kg→61kg:辛かったのはジュースを制限したこと】
  その4【36歳男性75kg→71kg:男性糖質を控えてからは午後に眠くなることがなくなった】

【34歳女性:最初に野菜を食べたらあとは好きなものを自由に】

34歳:162cm:58kg→51kg

34歳、身長は162cm、体重は糖質制限前は58kgほどありましたが、糖質カットダイエット後は51kgまで落とすことに成功しました。

糖質カットダイエットをすることになったきっかけは妊娠・出産でした。

妊娠初期から妊娠糖尿病にかかり、妊娠中は食事療法で糖質を適度にカットしながらの生活でした。 そのため出産まで体重の増加もなく、無事出産をすることができました。

出産後は食事の制限がなくなり、産後一時的に減っていた体重はみるみる元に戻ってゆきました。

このままではいけないと、妊娠中に学んだ知識を元に糖質カットダイエットを始めました。

糖質カットで一番重要なのが、ご飯の量を減らすことです。

一度の食事で食べるご飯の量は80gまでと決めました。

味の濃いおかずはついついご飯がほしくなりますが、野菜や豆腐など味の薄いものと一緒に食べることで中和します。

和食を心がけることは大事ですが、和食は砂糖やみりんを使った甘辛い味の料理が多いです。

調理の際も砂糖やみりんでなく、極力天然の甘味料を使用することで糖質を抑えました。

切り干し大根の煮物や高野豆腐などは、お腹もいっぱいになるし手軽に作れるので本当によく食べていました。

制限がある中で献立を考えるのは大変でしたが、やってみると意外に楽しいものです。

あとは食事をする際に、温野菜でも生野菜でも良いので初めにサラダを食べるというルールを作っていました。

これは妊娠中の食事指導で、血糖値を抑えるのにとても重要だと教えられました。

血糖値の上昇は少なからず体重の上昇にもつながると思うので、このルールは必ず守るようにしていました。

最初に野菜を食べたら、あとは好きなものを自由に食べます。 好きなものと言ってももちろん炭水化物以外で。

私は食べることが大好きなので、とにかくお腹いっぱいになるような献立にしていました。

スープや味噌汁などの汁物は、具だくさんにすればお腹も膨れます。

メインはボリュームのあるお肉料理などたんぱく質を中心に満足感のある料理を。

なのでダイエット期間中は、焼肉もステーキも気にせず食べていました。

そんな緩い糖質カットダイエットでしたが、半年ほどでも効果は絶大です。

現在は食べたいときに好きなものを食べています。 甘いものも食べるし、お料理に砂糖もみりんも普通に使っています。

ただ、ご飯の量だけは今でも少し気をつけています。 糖質カット生活をやめてから1kgほど増えましたが、ご飯の量を減らすなどの緩い糖質制限のせいかリバウンドはしていません。

糖質に関しての知識も自然と身につき、自己管理ができるようになった気がします。

ダイエットというと辛いイメージがありますが、糖質カットダイエットは食べて良いものもたくさんあるので、そこまでの苦痛にはなりません。 糖質を摂ることは決して悪いことではありませんが、適度にカットして工夫すれば楽しく痩せることができます。

一度糖質を制限する生活をしてみると、制限をやめたあとも自然と糖質に対する意識が変わります。

ダイエットの中でも比較的始めやすい方法だと思うので、やってみようか迷っている方がいたら是非試してみてほしいダイエットです。

【35歳女性:夕食時は高頻度で焼き肉】

157cm:54kg→52kg

母が糖質カットダイエットを行っていた影響で私も始めました。

主なメニューは朝が味噌汁とご飯などの軽めの和食、昼は食べたいだけ好きなものを食べ、夜はご飯などの糖質を食べずにおかずだけ食べました。

おかずだけだとお腹が空くので、肉と野菜を多めに食べました。特に肉は毎日切らさないように気を付け、夕食時は高頻度で焼き肉を食べていました。

晩酌は止めることはできなかったので、飲む量を減らしビール1缶のみ飲む事にしました。

朝は元々少な目だったので、普段と変わりなく過ごすことができました。特にストレスも感じませんでした。

昼はあまり糖質を意識せずに食事をしました。夕食が一番食べる量が多かったので、昼食は制限しなくても効果が上がると思ったからです。

それに加えて極端に糖質を制限しすぎて、体調が悪くなるのが嫌だったからです。夜はわざとご飯を炊かないようにして、食べないように心がけました。

最初は辛かったですが、数日で慣れてしまいました。ただ米より肉の方が高いので、糖質カットダイエットを実行中は食費が多くかかりました。

期間は3ヶ月ほど実行し、急激に体重が減少することもなく、ゆるやかに落ちて行きました。

糖質カットダイエットの後に更に1キロ痩せ、現在は51キロをキープしています。糖質をカットするだけで痩せやすくなりますが、極端な制限はお勧めしません。

慣れないうちから急速に食事を変えると、低血糖などの症状が出やすくなります。

糖質カットに合わせて食後30分以内に20分以上歩くと、インスリンに頼らず自力で血糖値を下げることができます。

インスリンが出ることで脂肪になり体重が増えてしまうので、合わせてウォーキングもすると効果が倍増します。

糖尿病の予防にもなるのでおススメです。食後でないと効果が薄いので、実行する時は必ず食後にしてください。

加えて糖質の代わりに別のものを食べる場合、1つのものを食べ過ぎないように気を付けてください。

【50歳 男性】辛かったのはジュースを制限したこと

168cm:70kg→61kg

基本的には白米を極端に少なくしました。毎食、お茶碗に5分の1ぐらいの量で済ますことがコツです。

注意してほしいのは、まったく摂取しないと糖質不足に陥ってしまう点となります。それから、パンやラーメンなどは厳禁です。果物も果糖が入っていますから、摂取を控えなければなりません。

わたしの場合には、食事内容で糖質を極端にしぼるように心がけ、そのほかの成分であるタンパク質および脂質に関しては摂取量を減らさなかったのです。

そのため、食事量全体としてはそれまでの量とあまり変わりませんでした。食べてよい総量を減らさないことで、精神的に助かったように思います。

結果的に無理なく続けられました。また、有酸素運動と無酸素運動も少しだけ習慣として取り入れたのです。あまりハードなトレーニングは続けられませんので、朝に無理のない範囲を糖質カットダイエットと並行しておこないました。

食事のなかで、厳しく糖質をカットした期間は3ヶ月程度でありそれなりの効果が出たので、そのあとは、ゆるやかなカットに移行したのです。辛かったのはジュースを制限したことでしょう。

糖質カットタイプの炭酸ジュースを飲むことで凌いだのですが、味気なく感じた記憶があります。

ダイエットの結果を報告しましょう。糖質カットダイエットに取り組み、3か月間で9㎏の減量に成功しました。その後もゆるやかな糖質カットと運動習慣により体重の維持ができています。

糖質をカットすれば、身体にどのような変化がみられるのかを理解してから始めたのがよかったように思います。極端に糖質をカットすると脳が栄養不足に陥ってしまい、集中力や記憶力に影響が出てしまうのです。

実際に悪影響を体感したので、そこからは少し糖分を摂りながらダイエットに取り組むようにしました。これが長続きさせるポイントとなるように思います。

糖質カットダイエットに取り組んで、最初の2週間ほどは思ったより結果がでませんでした。しかし3週間目ぐらいから徐々に効果がではじめ、2ヶ月目ぐらいにはドンドン体重が減ったのです。

これから糖質カットダイエットに取り組もうとするならば、思うような効果が見られなかったとしても、あきらめずに続けてほしいと思います。

【36歳 男性】糖質を控えてからは、午後に眠くなることがなくなった

175cm:75kg→71kg

30代後半に差し掛かり、代謝が落ちてきて、お腹周りに肉がついてきたので糖質制限ダイエットを試してみることにしました。

私の妻も同じ時期に糖質をカットするダイエットをしていたのでとても助かりました。まず私がしたことの一つは、私の大好物であったビールを一切飲まないようにしたという事です。

しかし、アルコールが飲めないと苦しいので、糖質0の第三種のビールや焼酎を飲むようにしました。

朝は今までトーストを食べていましたが、ヨーグルトとゆで卵を食べるようにしました。

お昼は会社で外食を食べることが多いのですが普通の定食を注文してご飯を全く食べないか、半分くらいしか食べないようにしました。

またそのお昼のメニューを選ぶ際には、できるだけお肉系のたんぱく質が多いものを注文するようにしていました。

驚いたことに、お昼に糖質の多いご飯やめんなどの炭水化物を控えると午後一の頭の回転が速くなりました。

今まで午後一は非常に眠くなって、時には会議室などに行って仮眠を少しとらないと仕事が出来ない状態だったのですが糖質を控えてからは、午後に眠くなることがなくなりました。

夜は家でご飯を食べることが多いのですが、妻がご飯の代わりに豆腐や卵料理を用意してくれておりご飯がなくてもお腹いっぱいになるものの、糖質はカットすることが出来ました。これを半年続けて体重が4キログラム減りました。

現在は最初の6カ月ほどストイックに糖質カットダイエットは行っておりません。

甘いお菓子など食べたいときには食べますし、ビールも少し飲むようになりました。しかし変わらず続けているのが、夜ご飯の時に炭水化物は取らないようにしています。

その成果もあって、今まで糖質カットダイエットを始めてから1年間が経ちますが、一度もリバウンドはしていません。

糖質カットというと難しいとか、エネルギーがなくなってしまうのではないだろうか?と思っておられる方もおられると思いますが、今はコンビニにも糖質カットのパンや食品がたくさんありますから非常に始めやすいダイエット方法だと思います。

しかし、私の友人には糖質カットをストイックにして、その後反動でラーメンとかを食べ過ぎてリバウンドしてしまった人がいます。それですから、糖質カットする時は緩やかに始め、おえる時も緩やかに終えるのが良いと感じています。
菊芋は血糖値が下がる食品|イヌリンの効能|菊芋サプリが効果的